ZEHについて ZEHについて

ささき建設がご提供する家は、気密性・断熱性にすぐれた高性能住宅です。
そんな高性能住宅だからこそ実現できる仕様の一つに、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)があります。当社はZEH仕様の省エネ住宅で、お客様に快適な暮らしをお届けしています。

高性能住宅

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEH

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化などにより、快適な居住環境と大幅な省エネを実現した上に、太陽光発電によってエネルギーを創り出し、年間に消費するエネルギー量を概ねゼロとする住宅のことです。

つまり、「自宅で消費するエネルギー量よりも、自宅で創るエネルギー量の方が多い家」がZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)というわけです。

Point.1 断熱性能

無駄なエネルギー消費を抑える家を建てるには、断熱性能を向上させることがポイント。ささき建設では、質の高い建材と確かな建築技術によって、「外の温度変化に影響されにくい家」をお届けしています。“冬暖かく夏涼しい”高断熱の家は、エネルギーの消費を抑えるだけでなく、ヒートショックが起きるリスクも下げることができます。

断熱

Point.2 省エネ対策

省エネ

家で消費する電力量を減らすには、HEMS(※)や省エネ性の高い設備を取り付けることがポイントです。ZEH住宅で使われる太陽光発電はオール電化と相性が良いため、注文住宅を建てる際にオール電化を選択する人も増えています。※HEMS(ヘムス)=家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム。家の電気使用量を「見える化」します。

Point.3 創エネ+蓄エネ設備

太陽光発電で発電量を増やし、自宅で消費するエネルギーを賄うことができれば、光熱費を大幅に削減することも可能となります。ただし、太陽光発電は当然ですが夜間に電気を作ることができません。そこで、日中に発電した電気を貯めることができる「蓄電池」を利用すると、さらに効率の良い「ゼロエネルギー住宅」が実現します。

太陽光発電

ささき建設のZEH目標

ZEH住宅を建てることができるのは、「一般社団法人 環境共創イニシアチブ」から認定を受けたZEHビルダーだけです。
もちろん、ささき建設はZEHビルダーに認定されています。

当社は、2025年のZEH普及目標を100%としています。

ZEHロードマップ

平成29年度
(2017年)
平成30年度
(2018年)
平成31年度
(2019年)
令和2年度
(2020年)
令和3年度
(2021年)
令和7年度
(2025年)
ZEH普及目標 20% 30% 35% 90% 100% 100%
実績 0% 0% 40% 67% 100%
ZEH普及目標 実績
平成29年度
(2017年)
20% 0%
平成30年度
(2018年)
30% 0%
平成31年度
(2019年)
35% 40%
令和2年度
(2020年)
90% 67%
令和3年度
(2021年)
100% 100%
令和7年度
(2025年)
100%

ZEHの補助金交付制度を利用しませんか?

ZEHの普及は、国が推進しているものでもあります。
そこで、多くの方が新築一戸建てにZEH仕様を導入しやすいように、国はZEH仕様の新築住宅を建てる際に補助金を出しています。

ただし、ZEHに関する補助金は毎年、期間や条件が変わります。
ZEH住宅にご興味のある方は、ささき建設までお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP