講演会大盛況!あざーす(^^)/四国中央市土居町【ささき建設】

新築をお考えの方はこちらまで 注文住宅をお考えの方はこちら

講演会大盛況!あざーす(^^)/



2017年 11月 18日 (土)


こんばんは!( ^ω^ )

 

 

佐々木 佳範 (ささき よしのり) です!

 

 

今日は、接合金物の種類についてお話しますね(^^♪

 

 

接合金物の使用部位★

現在の木造住宅は、継手仕口によって接合強度を確保しつつも、金物によって補強することが一般的です。

建築基準法では、接合部における金物の設置を定めています。金物を使わない伝統的な継手仕口は種類も多く、

優れたものもありますが、加工手間などの面から、実用的といえないためです。

接合金物は、日本住宅・木材技術センターで品質や性能を認定されたZマーク表示金物か、またはそれと同等として認められた金物を使います。

 

★木の収縮に対応するバネ座金★

十分に乾燥していても、木は必ず痩せるので、ボルトはいつか必ず緩みます。少し緩むと、振動などによってさらに緩み、数年たつとかなり緩んでしまうことになります。多少ボルトが緩んだくらいでは、すぐに接合部がはずれてしまうことはないが、緩みを最小限に食い止めておきたい。そこで、バネ付の座金を使うといいでしょう。バネが木の収縮に対応するため、ボルトが緩まないようにすることができます。

 

よしっ!

現場行きましょうっ!!(^_-)-☆

 

 

今日は、私主催で講演会をしたので、現場写真はありません(´;ω;`)

 

100人集めました!(笑)

 

集客は大変ですね!日々勉強です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は仕事頑張ります!(^^)/

 

 

今日も一日お疲れさまでした!★

 

 

おやすみなさい( ^ω^ )

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ささき建設株式会社

〒799‐0721

愛媛県四国中央市土居町上野2950‐1

0120‐748‐680

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆