問題の起こりやすい地盤知ってる?四国中央市ZEH【ささき建設】

新築をお考えの方はこちらまで 注文住宅をお考えの方はこちら

問題の起こりやすい地盤知ってる?!

2017年 10月 16日 (月)


こんばんは!( ^ω^ )

 

 

佐々木 佳範 (ささき よしのり) です!

 

 

 

新居浜祭りですねぇ~!!

怪我に気を付けてねぇ~(^◇^)

 

 

弊社は、16日~18日まで一応おやすみですが、着信があれば折り返し連絡させていただきます!!

よろしくお願いします!!☆彡

 

 

 

今日は、危ない地盤についてお話ししますね(^^♪

 

問題が起こりやすい地盤の種類・・・・

 

●軟弱地盤(川沿い・湿原・湖沼跡・干拓地・埋立地など)

 

●盛土地盤(建物を盛土と切土部分にまたがって建てると不同沈下を起こしやすくする)

 

●砂質地盤(地下水の高い砂質地盤では地震の振動により飽和した地下水の水圧が高くなり、砂の粒子間の

結合と摩擦力が低下し、砂層が液状化して流動する)

 

●砂丘(乾いた砂丘は地震の振動によって砂の移動が生じやすい)

 

●異種地盤(硬い・柔らかい地盤にまたがって家を建てる場合、地震時の振動性状が異なったり、不同沈下が

生じることがある)

 

●崖・傾斜地(崖や急斜面に接近した場所は、集中豪雨や地震による土砂崩れ、擁壁の崩壊が起こる恐れがある)

 

●礫層(絞まっていない礫層では、地震が起こった場合、普通の地盤よりも振れ幅が大きくなる)

 

 

よしっ!

 

現場行きましょうっ!!(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい原稿完成(^_-)-☆

 

イケメンのお父さん・美人のお母さん是非!!

ささき建設に家を見てね(^^♪

 

 

今日も一日お疲れさまでした!★

 

 

おやすみなさい( ^ω^ )

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ささき建設株式会社

〒799‐0721

愛媛県四国中央市土居町上野2950‐1

0120‐748‐680

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆